リーズナブル & バリューなワインをお届けします!
商品詳細

プピーユ2011[648946]

販売価格: 3,431円 (税別)
[在庫あり]
希望小売価格: 4,700円
本数: 1本
数量:
専門家達のブラインド・コンテストにて最後までペトリュスと張り合い、世間を騒がせたワイン。海外での豊富な経験も持つカリーユ氏が一族のシャトーを大きく向上させています

より 優しく深い味わい のメルロ。 濃く、絹のような 滑らかなワインです。
2006年は 飲み頃早く 楽しんでいただけます。

■ A.O.C. コート・ド・カスティヨン
■ ブドウ品種 : メルロー 100%
■ 平均樹齢 : 35〜70年
■ 土壌 : 底土に石灰質をもつ、粘土質
■ 栽培面積 : 9ha
■ 収量 : 40hl/ha
■ 平均年間生産量 : 40,000本
■ 熟成 : オーク樽熟成 36ヶ月
       (225L、新樽比率 70%、1年使用樽 30%)
■ 味のタイプ : 赤・フルボディ
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
990年代中頃から突如注目を集めるようになったプピーユ。その「濃く、絹のように滑らかなワイン」が品評会でも話題となり、専門家によるブラインド・コンテストで最後まで『シャトー・ペトリュス』と張り合った、というエピソードは既に繰り返しお伝えしてきたとおり。
「カリーユ」家は、サン・テミリオンを拠点に、1790年には既にワイン造りを始めていました。フィリップは父方と母方両方のシャトーを受け継ぎ、現在3つのシャトーの運営をしているオーナー醸造家。ウノローグ(醸造士)でもある彼は、若い時からその能力を発揮、海外各地のワイナリーで醸造技術者として請われ活躍してきました。
シャトーは、カスティヨンの北西に位置し、サン・テミリオンから尾根がつながっている丘陵地帯の一角にブドウ畑があります。岩盤はサン・テミリオンからつながった石灰層、その上を粘土層が覆っており、地質学的にはサン・テミリオンと同じ土壌になります。そうしたプピーユの畑には、メルロ種が見事にマッチします。
フィリップが引き継いでから、ワインの品質・味わいは大きく向上。より自然な栽培方法、より厳格な収穫時の選別、樽熟成中に澱とワインが均一に接触する為の「回転式樽ラック」の導入など不断の改革を進め、年々その品質を向上させ、「より優しく深い味わい」へと発展しています。
また、「高品質なワインを生み出すためには栽培は自然でなければならない」と考える彼は、ほとんど有機といっても良い栽培方法(⇒ リュット・レゾネ)を採っており、2007年ヴィンテージより正式に有機栽培の認証を取得する予定。
(画像をクリックすると大きく見られます)
カリーユさんが 当店に来て ワインにサインしてくださいました。