リーズナブル & バリューなワインをお届けします!
ホーム | イタリア > イル・ギッツァーノ ビアンコ 2017 ギッツァーノ
商品詳細

イル・ギッツァーノ ビアンコ 2017 ギッツァーノ[610414]

販売価格: 1,890円 (税別)
[在庫あり]
希望小売価格: 2,550円
本数: 1本
数量:
トスカーナの女性醸造家の第一人者、ギッツァーノの造る白。柑橘系フルーツのアロマに柔らかな果実味が広がります。酸とミネラルが渾然一体として心地よい飲み口です。

原産国 イタリア
地 方 トスカーナ
地 区 コッリーネ・ピザーネ
品質分類・原産地呼称 コスタ・トスカーナI.G.T.

品種 ヴェルメンティーノ 50%/トレッビアーノ 30%/マルヴァジーア・ビアンカ 20%
醸造・熟成 醗酵:ステンレス・タンク   熟成:ステンレス・タンク

ALC度数 12.50 %
キャップ仕様 プラスチックコルク
種類 辛口ワイン
色 白
味わい 辛口
飲み頃温度 12℃
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
敷地面積:380ha(内ブドウ畑は18ha)
トスカーナの北西部、コッリ・デル・ピザーネを有名なワインリジョンとして世に知らしめた立役者がテヌータ・ディ・ギッツァーノ。ペッシオリーニ伯爵家がギッツァーノの地に1370年から所有する由緒正しい農園です。

当時はオリーヴなどの農作物が主体でしたが、1980年代、多くの蔵が低品質のワインを大量に生産し始める中、納得のできる本物のワインを目標に掲げ本格的に畑、カンティーナの改良を始めました。
試行錯誤の結果、現在では2003年より無農薬でブドウを栽培しています。コンサルタントには、あの名匠カルロ・フェリーニ氏を起用。この地は比較的砂の多い土壌のため、軽いサンジョヴェーゼというイメージが離れず、これまでキアンティのサブリジョンとして見られてきましたが、ギッツァーノが植えたボルドー品種により歴史が塗り替えられました。

伯爵自らが行動を起こし、真剣に農業に取り組んできたギッツァーノ。現在も、伯爵令嬢であるジネーヴラ氏が自ら畑を管理し、完全無農薬でブドウを栽培しています。また、エノロゴにはカルロ・フェッリーニ氏を迎え、徹底的に品質を重視したワイン造りを行っています。決して人任せではない努力と情熱が、人々の心を温かくするワインを生み出したのです。