リーズナブル & バリューなワインをお届けします!
ホーム | スペイン・ポルトガル > ヌエストラ・セニョーラ・ポルタル 白 2017 ピニョル
商品詳細

ヌエストラ・セニョーラ・ポルタル 白 2017 ピニョル[611118]

販売価格: 1,300円 (税別)
[在庫あり]
希望小売価格: 1,750円
本数: 1本
数量:
地ブドウを使って美味しい白ワインを造りたい、という造り手の想いが込められたガルナッチャ・ブランカ主体の白。複雑な香りと長い余韻が魅力です。

原産国 スペイン
地 方 カタルーニャ
品質分類・原産地呼称 テラ・アルタD.O.

品種 ガルナッチャ・ブランカ 90%/ソーヴィニヨン・ブラン 5%/ヴィオニエ 5%
醸造・熟成 熟成:ステンレス・タンク熟成 3カ月

ALC度数 14.00 %
種類 辛口ワイン
色 白
味わい 辛口
飲み頃温度 12℃
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
〇セリェール・ピニョル
◆1945設立。家族経営のワイナリー。主にペネデスの大手生産者(トーレス)にバルク売りしていた。
◆1995年、現当主フアンホ・ガルセラ・ピニョル氏(4代目)が本格的にワイナリー参加。
自社瓶詰め開始。
 ※ 95年:年産3000本  ⇒ 2008年:年産750万本  
◆生産の約80%=自社畑(有機栽培)、約20%=契約農家からの買いブドウ(完全に有機ではない)
将来的には全生産を有機ワインにしたいと考えている。
◆白: 5% ⇒ 30%(主要品種:ガルナッチャ・ブランカ)  ※白ワイン需要の増加
◆赤:95% ⇒ 70% (主要品種:ガルナッチャ・ティンタ)

<ワイン造りのコンセプト = 「ブレンド」>
(1)複数品種でブレンド ⇒ パランスが取れ、複雑で完璧なワインが生まれる(各ブドウ品種の役割)
(2)地ブドウと国際品種のブレンド ⇒ 個性(テラ・アルタらしさ)とポピュラリティーの融合
(画像をクリックすると大きく見られます)
〇所在地(バテア)= D.O.テラ・アルタ
〇テラ・アルタの特徴
◆カタルーニャ地方、バルセロナから200 kmほど地中海沿いに南下、地中海から約80 km内陸に入る。
◆テラ・アルタ=「高い場所」という意味。
  標高1000〜1200mの山々に囲まれた高地。畑は標高400〜600mに位置。
◆銘醸地プリオラート、モンサンに近く、土壌・気候的にも近い。 
 ⇒ワイン造りに絶好の環境ながら、

   土地・ブドウが安いためコスパのあるワイン造りを実現。
◆気候:主に「地中海性気候」、だが少し内陸にあるため「内陸性気候」の影響も受ける。
 ⇒夏暑く、冬寒い。
 ⇒日中と夜間の気温の差が大きい。
    特に収穫前の9月の温度差が大きい。
 ⇒降雨量が少ない。(年間350〜400 mm)
 ⇒日照時間が長い。(年間2800時間)
◆土壌:茶色がかった石灰質、有機養分の乏しい痩せた土地